-->
TOP > 検察側の懲役15年の求刑は重いのか?
Google
 ← 関西テレビが外部調査委員会の指摘に反論 | TOP | 被災地救援のためにボランティアの受け付けを開始

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


検察側の懲役15年の求刑は重いのか? 

2007年03月27日 ()
東京・町田の女子高生殺人、元同窓少年に15年求刑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000307-yom-soci


東京都町田市の都立高校1年、古山優亜さん(当時15歳)が2005年11月に殺害された事件で、殺人罪に問われた元同校生徒の少年(17)の論告求刑が東京地裁八王子支部でおこなわれ、検察側は「犯行は冷酷かつ残虐極まりない」と、懲役15年を求刑したようです。

検察側の懲役15年の求刑は重いのだろうか?

弁護側は、少年にはコミュニケーション能力などに障害があって、事件は古山さんに灰皿で殴りかかられたことに伴う過剰防衛だったとして殺意を否認しているみたいだけど・・・

弁護側から見れば重いし、被害者の家族からしてみれば軽いのだろう。

裁判の行方が気になります。


気になるランキング


TOPへ戻る
スポンサーサイト
-->

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.27(Tue) 19:09] エンターテイメントニュースTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 関西テレビが外部調査委員会の指摘に反論 | TOP | 被災地救援のためにボランティアの受け付けを開始
-->

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://info02news.blog83.fc2.com/tb.php/238-ca6e2225
 ← 関西テレビが外部調査委員会の指摘に反論 | TOP | 被災地救援のためにボランティアの受け付けを開始

リンク

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

応援ありがとうございます♪

よかったら、応援お願いします♪

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。